ブログ

「毛先がハネる!」毛先のハネを直すには?

美容室アリーヴォの後藤です。朝やお風呂上りのセットでブローをしても、片方は上手く内巻きになるのに片側だけが何度やっても外側にハネる経験はありませんか?

そこで今回は、毛先のハネを直すための方法をお伝えできればと思います。

髪のハネを直す3つの方法

今回はなるべく簡単で楽な髪のハネを直す方法を3つに分けてお伝えします!

1.ドライヤーの乾かし方を意識する

毛先がハネやすい人によくあるのが、〝生えグセ〟です。髪には自然に流れる毛流れというものがあって、つむじの向きや毛流れによりハネやすくなってしまいます。

最初は根元を意識して乾かしましょう。

自分の手をクシのかわりにして、髪の根元を下から上に後ろから前へ持ち上げるようにして乾かしてみてください。

根元の毛流れを変えてあげるようにしながら乾かしたら、次は毛先です。バラバラにならないように根元の乾かし方とは逆に上から下へと撫でるようにして乾してあげるとまとまりやすくなります。

2.髪を乾燥させ過ぎない

髪が乾燥し過ぎると、まとまらなかったり広がったり、毛先のハネの原因となります。

髪をドライヤーで乾かした後に、洗い流さないトリートメントなどをしっかりつけてケアする事により、まとまりやすくなります。

できたらドライヤーをかける前と後のどちらもつける事をオススメします。ドライヤー前はドライヤーの熱から守る為に必要で、ドライヤー後は外からの紫外線から守る為に必要です。

3.ストレートアイロンまたはコテを使う

髪をおさめるだけなら、1と2で十分ですが、これはもう少しセット感をだしたかったり

長い時間キープしたい場合の最終手段です。

もう少し内巻きに・・・という方はコテ、ストレートアイロンを使い熱処理してあげましょう

ブローが苦手な方はストレートアイロンを毛先に軽く通すだけでも内側に収まります。コテで毛先のみ巻いて上げるのもふんわりして、いいかと思います!

髪がまとまる為に重要なのはまずはドライヤーで乾かす事。そして、乾かし方となります。乾かし方の時点で間違えてしまっているとどうにもなりません。

しっかり髪全体が濡れている状態で髪の毛流れを変えてあげることがもっとも大切な事です。

ほんの少し乾かし方を変えて意識するだけで、普段のセットが楽になります。

あとオススメとしては、1か月半前後に一回はカットして整えてあげるだけでも髪の収まり方が違います。

『美容室アリーヴォ』では毛先のおさまりや髪のまとまりも計算してカットして、お家でのアフターケアも伝えて、トータルで綺麗な髪を維持できるお手伝いをさせて頂きます。